中国紙幣を高く売るために

中国は古代より黄河周辺で文明がさかえ、世界的にも早い時期から貨幣や紙幣を発行し金融取引をしてきました。
中国では皇帝や政府が誕生するたびに新しいお金を作っていたことから、発行された時代ごとに図柄のデザインやお札の形状も異なり、様々な種類があります。
近年、目覚ましい中国の経済成長のあおりをうけ、中国の骨董品の価値が見直されつつあります。
特に、中国富裕層が投機目的に古い中国紙幣の収集を盛んに行っていることからその買取り相場は年々上昇を続け、とどまるところをしりません。

中国紙幣の種類別の買取相場

中国紙幣の種類別の買取相場 中国は古代より貨幣・紙幣での金融取引を行っており、特に中国紙幣には様々な種類のものがあります。
清の時代には中国史の中でも最も多くの紙幣が発行され、デザインにも興味深いものがたくさんあります。
例えば、刀の形の紙幣があるのをご存知でしょうか。
これは初期には商品の取引に使われていましたが、時代が経てくるにつれて、金運を高めたり、一族の安定を願う縁起物として室内や玄関などに飾られるようになっていきました。
中華街などで、刀の形をした紙が額にいれられていたり、剣の置物をみたことはありませんか。
あれはその名残りなのです。
そして、近代に入ってくると私たちが想像するような形・デザインをもった紙幣が一般に流通するようになりました。
その中国紙幣の肖像画は孫文や毛沢東などの日本の教科書でもおなじみの人物が描かれています。
中国紙幣の買取り相場は年々高まっています。
ご自宅に中国紙幣はございませんか。

中国紙幣専門ショップは為替の影響を受けるが相場より高く買取ってくれる

中国紙幣専門ショップは為替の影響を受けるが相場より高く買取ってくれる 親が亡くなって遺品の整理をしていると遺品の中から、どうやって手に入れたのかが全く分からない中国紙幣が出てくることがあります。
中国紙幣などといった詳しい知識がないと本当の価値が分からないものは、一般的なリサイクルショップで買取りをしようとすると本来の相場よりも大幅に安い査定金額になってしまうことがあるのです。
ですので中国紙幣は中国の古銭などを専門的に査定してくれるショップで売却するのが良い方法になります。
一般的なリサイクルショップで買取るよりも高い査定金額を出すことが出来るのは知識が豊富だからという理由の他にも中国の富裕層の古銭のコレクターのところに赴いて直接売っているところもあるからです。
そのため査定の金額は為替の変動に影響を受けることになるので注意する必要があります。
しかし、中国の富裕層のコレクターが欲しいと感じている中国の古銭に対するニーズは日本で暮らしている人には想像ができないほど高いので日本国内で売ることを前提とした相場よりも高い査定金額になるのです。
また中国のコレクターは日本に流出してしまった中国古銭を中国に取り戻したいという気持ちも強いので破損していて日本では売れないような中国古銭や中国紙幣を買取ってくれます。

中国紙幣の買い取り事情リンク

中国紙幣を買取してもらう

新着情報

◎2019/6/20

歴史的価値の高い中国紙幣
の情報を更新しました。

◎2019/3/6

通販やフリマの中国紙幣は問題ない?
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

オークションで買う場合の注意
の情報を更新しました。

◎2018/9/6

未成年者が買取店を利用するには
の情報を更新しました。

◎2018/8/10

サイト公開しました

「紙幣 種類」
に関連するツイート
Twitter

返信先:今のうちに価値の下がらないアルミ製硬貨に交換しましょう レートは紙幣1枚につき硬貨900枚で交換します 紙幣種類は問いません

返信先:どうやら現在は万札と千円札の2種類のみらしいです。 昔は5千円札どころか2千円札もでてきた記憶があるんですけどね。 お札収納ケースがスペース圧迫するので紙幣種類を限定しちゃってるのではないかと。

つつあるようだ。かつては外貨準備の基盤だった$が、今では悲観的な見方を強めてる 衝撃的ですね。かつて米㌦を支持してたまさにその機関が今では米㌦に対してヘッジを行っているという事でしょうか?ドル紙幣はその輝きを失いつつあり、世界はそれを別の種類の輝き、つまり金と交換しようとしいます

返信先:元々 新紙幣のデザイン時期と 500円硬貨の偽造・韓国の500ウォン硬貨対策の為に 発行された500円硬貨が二種類の異なる素材を使っているため 判別装置のコストが高くつく事に成り2回も自販機の交換すれば コストが更に高くなる!新紙幣・新硬貨の発行は後の事も考えてするべきだと思う。

お金には種類がありそれぞれが別のもの 硬貨は政府が発行し紙幣や日銀当座預金は中央銀行が発行する 預金は民間の銀行 貨幣は発行することで増やせるものだということを理解出来れば財政支出はただ意志があれば可能だと分かるのですが